Previously, mari's paris life


"La France traverse une phase de vulgarite. Paris, centre et rayonnement de betise universelle" - C. Baudelaire :p
Reconsideration of what is language
A question of what is language has always been my major curiosity on a field called linguistics. In this book, the author Donna Jo Napoli is trying to analyze this natural wonder of ours through many practical examples which she actually experienced in her real life. We could tell from these instances that language was our daily basis and all the people living on this earth use one or more language everyday. In other words, we human beings can not live without language. We barely notice this fact, however even for small shopping we need language. We should rather appreciate this ability.



We all read through in each chapter that we were hard-wired on language acquisition from a newborn until critical period appears. I used to believe newborns needed to be largely exposed to surrounding conversations of adults; therefore they unconsciously learned to speak when growing up. I also supported the idea that mimicking was most important, but these opinions seem somehow wrong according to what Napoli insists. She claimed that language acquisition started in the womb and eventually around seven months of gestation, the auditory system is formed. So it functions well that fetuses can already listen to the outside world from staying in the womb. Also there is a study that children acquire speech at the same rate as those who were exposed to large amounts of motherese. The literature on first language acquisition points to their first birthday as a time when most children start to produce words, and the number of those words approximate hundreds. Then at some point during their second year on life, they move into creating a two-word phase. By two years old, children can now produce thousands of words, and by the time they are four years old, they will have obtained all the elements of language. That is to say, babies may be much sharper for developing their first language more than we adults assume. This was an interesting and a surprising fact to me. Those who already acquired language have to teach babies how to speak, and I hope this cycle will continue all the age no matter what happens during the time of child care, such as child abuse that we unfortunately see on TV today. As I pointed out, language is the most necessary and important basis for human, and moreover it is even a part of human rights.



I mentioned in the latest paper, but I felt often language seemed to me a sort of signs while I was in France. At that time I was completely concentrated to acquire French, which would be my third language. I frequently got this strange feeling when listening to people around talking, as if I was hearing signs, not language. To acquire especially a foreign language aside from a mother tongue which we already have, I suppose sometimes we have to make ourselves all clear and almost zero on language acquisition. Once we know the language whatsoever, we directly can tell the whole meaning without consideration. However, if we hear a total Greek, we just can’t. So that alien language could be a collection of sign if we put it in words. Why does it occur? Why do I feel this way? I finally reached to a conclusion by reading this book that language added up to arbitrariness of language. Except the historical origin of each word, “chaussures,” for example, shoes in French, means nothing at all by its sound. It doesn’t make us guess the meaning of the word, and we simply can’t. In any given word in any spoken language, the correspondence between sound and meaning is typically arbitrary because for most words no other possibility arises, as Napoli demonstrated. For my case as well, the arbitrariness of language made me feel such a strange way. Truly, there is no relation between what we hear and what we know. If I wished, I could have considered “signs” as animals or sugar.



Reconsidering language, it is wonderful. We have this ability to acquire them without any formal instruction in it, and we are originally set up to learn it. We can let language involved in some processes, and this is cognitive as the author represents. Nature endowed us with important parts on language acquisition as well, like grammar. Even for cases that we would like to learn some foreign language, it wouldn’t be so difficult for anyone who has already acquired a first language, because we knew linguistic parameters, making the various tasks easier. The first language served us as the model, and we also can learn from making grammatical mistakes of the target language. Besides, human language is very creative so we can say anything but hurting people hopefully. We would like to send people a sense of purpose, that is an essential role of communication, and for it we have language. The author cast us a new query whether animals possess language, but I would say “why not?” All the living species need a way to communicate each other, and that’s why each has its own manner like bee dancing, which was illustrated in Chapter 5. Maybe scientists or biologists disagree, however this idea wouldn’t be so bad, either. We can not prove, nor disprove it. In addition, I was highly convinced by the fact that most of renowned linguists in the world were also activists of human rights problems. This sounds very reasonable because people lacking language ability for several reasons do suffer in their daily life, shopping to administration. I do wish that they will be fully covered with appropriate services instead of speaking or hearing ability. Sign language might be a help, but I have to admit that it is not everyone who can handle sign language. Now we can presume that language is actually very precious. Then, I hope a healthy usage there.


-----
言語学チック comments(0)
言葉のスイッチ
フランスにいた頃の様に、毎日更新というわけにはなかなかいきませんが・・ 何か思ったことがあった時、これからもblogを付けていきたいと思います。友達にも、「まりの京都日記でもしろ」と言われたし(笑)。それはどうかな〜?



そろそろ、日本に帰ってきて一ヶ月が経つ。

時差ぼけはなくなった。よかった・・。あれは本当に辛かった。。

逆カルチャー・ショックも、前よりはだいぶましになった。昨日まで実は東京の妹のとこに遊びに行っていたので、それがよかったかも?



日本にいるので、当然使う言語は日本語なわけですが、毎日の様にフランス語でメールを書いたり、音声チャットをしているので、フランス語も頻繁に使っている。

こないだ、例の様に誰かさんとフランス語で喋って、音声チャットをしていて、フランス語に集中した頭で途中スーパーへ行ったら、レジでやってしまった。「ポイントカードお持ちですか?」"Non(いいえ)."、の会話・・・(笑)!

『ポイントカードってあれだよな、いっつも妹が出してるやつだよな。でもあたしは持ってないや』、「いいえ、持ってません」と言うつもりが・・!なぜに"Non"と言う私!!



本当に恥ずかしかった・・。店員さんは何も気が付いていない様子だったけれど、こんな、見た目100%日本人の私が、なぜにフランス語で答える?と、辺りにいた人は思ったかもしれません。そしてその後の、「いえ、ないです」と答えた口調もそんなことがあってか片言に・・(涙)。しっかりしろ、自分・・。



その他にも、英語で喋っている時、『気をつけろぉ〜・・今は英語だぞぉ』としっかり自分に言い聞かせている時はまだいいものの、ちょっとでも興奮したり(?)、早く相槌を打とうとすると、

「もちろん(sure)!」と言うつもりが、口はつい"Bah oui, biensur!"と言いそうになり・・(涙)。

慌てて言い直すのでした。

「○○のイベント、マリは手伝ってくれる?」とカナダ人の先生に学校で聞かれ、周りの皆は全員行けないと答える中、「私は授業ないから(行けるわよ」)と言うのを、"Moi, non."と言う感覚が抜けず、一応英語にはなったものの、"Me, no(n)"と、軽くnが入りつつ・・答える私。Meって・・。その時先生は、一瞬おかしな顔をした!!





自分の喜びや、すべての感情を言い表すにはフランス語がいい。慣れている。ラテン語の血を引く言語だから、なんとなく、より強く気持ちが伝わるような気がして。

もっともっといろんな言語を操る人は大変だろうな。一体どうやって頭の中切り替えてんだろうな。

言葉のスイッチ。どうやって切り替えたらいいんでしょ。やっぱり集中させるしかないのかな?


-----
言語学チック comments(0)
フランス語学習者に朗報
『そんなのもうとっくに知ってるよん』と言う人もいるかもしれませんが・・私、すごい発見を致しました。

前にも書いたけど、フランス語の名詞には、男性・女性・そして中性と、性別がある。

何が厄介かって、単語を見るだけでは性別が分からないのだ。スペイン語の様に、語尾が○○で終わっていたら男性、△△だったら女性・・という風に、見て取れないから辛い。従って、覚えるしかないから辛い。まぁ始めは単語に性別がある、っていう価値観が日本語にはないので辛いのだが、次に来る名詞の性別によって前置詞が変化する・・って動作がフランス語ではあるので、一緒になって名詞の性別も覚えちゃう、ってのが一番楽だと思う。慣れたら・・。



そして、何を発見したかと言うと・・

名詞の語尾が、"-tion"、または"-sion"で終わるものは、すべて女性名詞。



例)・nation(なしおん・国家)

  ・passion(ぱしおん・情熱、熱情)

・convocation(こんう゛ぉかしおん・呼び出し、召集) などなど・・ 辞書を引いてみると一目瞭然。面白いのでやってみてね。



次に、語尾が"-ette"で終わるものも女性名詞だ。

例)・serviette(せるう゛ぃえっと・ペーパーナプキン)

  ・assiette(あしえっと・お皿、取り皿)

  ・fourchette(ふるしぇっと・フォーク)  



それから語尾が、今度は"-ment"で終わる名詞はすべて男性名詞。

例)・changement(しょんじゅもん・変化)

  ・deplacement(でぷらすもん・移動、転居)

  ・logement(ろじゅもん・住居)・・など、他にもたくさん・・ 



語尾が"-eau"で終わるものも男性名詞だ(注・de l'eau、お水は除きます。お水は女性名詞、それも部分冠詞が付きます)。

例)・agneau(あにょー・子羊)

  ・bateau(ばとー・船)

  ・cadeau(かどー・プレゼント) などなど・・



一つ目の"e"にあくそん・てぎゅが付くけれど、語尾が"-ee"のものも、大体すべて女性名詞。これは理由が分かっている。基本的に過去分詞であることを表す一つ目の"e(あくそん・てぎゅ付き)"とそれに付加している二つ目の"e"は、その過去分詞の常態に当たる動詞の性質を、「〜されたもの」と受け身の様に考えるため("pensee"がいい例だよね。動詞、"penser(考える、思う)から来ている")、常態に対して小さいと見なされ、女性的である、すなわち女性名詞になったのだ。

例)・cheminee(しゅみねー・煙突)

  ・epee(えぺー・剣)

  ・pensee(ぽんせ・考え、思い) など。



これらの法則が分かっていると、単語の性別を覚えるのは、少し楽になるのでは・・ 


-----
言語学チック comments(0)
英語が話せると?
フランスでたくさん出会った、英語が出来ないという日本人の人。なのにフランス語をやっているという人。

理由が面白い。「英語は話さない・・。汚いし、好きじゃないから。話せないじゃなくて話しません」とある友達は言い切っていて、『同じじゃい』と心の中で突っ込んだ。

私はフランス語が大好きだけれど、悔しいことに、世界の公用語レベルで考えると、英語には負けてしまう。フランス語を話す国は意外と多いのだけれど、英語の様に第二外国語レベルで解する人がいるかといったら、そうではないからだ。



こうなると、より多くの機会で通用する英語の方が大事になってくる。

パリはまだ英語が通じるとしても・・ フランスの英語教育はまだまだだろう。よく言われるけれど、フランス人が決して、英語を話したくないわけではない。フランス語という母国語に、類いまれなる愛着を持っているのは事実だけれども、決して話したくないのではなく、話せないのだ・・。こないだも知り合いの家で開かれたパーティーに、スウェーデン出身のいつもの友達と一緒に出かけて行ったら、そこで知り合ったフランス人との話題は、スウェーデンでの英語教育についてだった。「どうして皆、スウェーデンの人は英語に強いの?」、「何歳から英語教育が始まるの?」、などなど。皆興味深々の様。

確かにスウェーデン人が英語に強いのは有名な話で、「すごいねぇ、いいねぇ」と呑気にコメントしていると、「一つは同じ、(北)ゲルマン語の一派だから。もう一つは、スウェーデンは900万人っていう総人口しかいなくて、スウェーデン語はそんな小さな国で話されてる言語でしかないから。英語は街中、どこにでも溢れているよ」と、ぴしゃっと言い返される。お見事です。



この留学期間で、フランス語の練習はもちろんだけど、英語もたくさん使った。パーティーなんかの場で、外国人だらけの場合や誰か一人でもフランス語が話せない人がいると、英語に切り替わるからだ。友達同士で話していて、何か知らない単語が出てきて、フランス語で一生懸命説明してもらってもそれでも分からない(うぅぅ、私が)・・、ってなると、同じ言葉をすぐに英語で言ってもらうとすぐに分かって話が早い。まぁ、この逆のことをしていると、いつまで経っても説明する力がつかないので、してはいけないのですが・・。



いきなりフランス語から入る、ってのは、あまり良くないと思う。

まぁ、個人的な理由や需要にも寄るだろうけど(それこそ、『夫の転勤が決まって、いきなり明日からフランスで生活しなくちゃいけない!』っていう場合は別として)、

「私英語話せないなぁ〜。英語もパリで勉強しよっかなぁ」とステイ先のマダムに呟いたら、

「当たり前よ!フランス語やる前に英語やりなさい、英語!私でも話せるわよ」と言い返されたという友達を、私は知っている・・・。



その他にも、モード(ファッション)学校に入ろうとしたら、「あなた英語話せる?話せないの?じゃあ駄目」と門前払いされたケースとか。

こういう話はざくざく。フランス人も、英語が話せる話せないには、ある種の危機感があるのか・・ どうやら話せるようになりたい、という気持ちは同じ様で、その裏返しでこういう反応が返ってくるのでしょう。



フランス語を勉強している、英語が母国語ではない外国人同士で、何か分からない単語やフランス語で出てこない単語があると、フランス語では言えないのに皆すぐ英語で言えてしまう。こういう時も、英語の力を感じる。強さというか、影響力というか。

英語の様に解する人が多い外国語をやっていると、自然と話せる人は増えていくし、会話が弾むと後はもう楽しいことだらけで、便利だなぁっていうのが私の一番の感想かもしれない。これが、私の英語についての見解。もっともっと、かっこいい英語が話せるようになりたいし、フランス語用に形成されてしまった口から、英語の口に、少し戻さなくっちゃ・・。単語が出てくるか微妙です。やっぱり大切な、英語。



フランス語に関しては、フランス人ってフランス語でこっちが話すと喜んでくれるし、フランス文化やフランスの物が大好きなこともあるけど、一般教養、知識を高めるためにやっている・・っていうのが一番近いかも。こう書くと、『まりちゃんどんだけフランス寄りの人間に・・』と、皆呆れてしまうかもしれないけれど、特に私が興味あることや、世の中のこと全て、意外と、フランスを発祥としていたり、フランスが世界で一番伝統を誇っている・・ってことが、けっこうあるのです。特にファッション関係や、アート、映画などなど。そしてその結果、フランスに夢を抱きフランスへ渡る若き日本人留学生は後を絶たない。これが、先生が「日本におけるフランスは、いつも『いでありざしおん・理想化』だ」といった原因なり。



そして私の場合、もちろん、将来(って、そう遠くないか)するであろう仕事に、フランス語が役立てるとなおいいし、ずっと使っていたい。

国際的な流通度や、便利度は英語に譲ろう。白旗揚げちゃうよ。でも、教養になるかという観点で考えたら、私は断然フランス語をひいきしてしまう・・。

『頑張れ、フランス語!』と、密かに拳を握って、フランス語の更なる発展と流通度を応援してもいいんだけど、言語の構成、文法という観点から考えると、英語の方が遥かにシンプルなので、その点は英語の勝ちなのでした。ごめんね。
-----
言語学チック comments(0)
時間と性別
ヨーロッパの言語が、日本のものとどう違うかというと、まず始めに、時間と性別が挙げられるだろう。

英語には、もうほとんど、単語における性別が残っていないとしても、フランス語を始めドイツ語、イタリア語、スペイン語には顕著に現れる。

時間については、アジアでもインドネシア語や中国語などは時制が存在せず、その代わり、時間を表す副詞を補って(昨日、既に、など)過去形を作ると聞いたけど、ヨーロッパの言語の場合、時制によって動詞の変化が起こる。英語の様に単語自体が変化し、過去形を表すものもあれば、フランス語の様に、厳密には違うけど、助動詞によって過去形を表すものもある。



高校生の頃、英語で何が苦手かと言われれば、時制の変化が出来なかった・・。出来ない、と言うより、時間の差が見えないのである。

副詞を補って初めて過去形を作るというわけではなく、日本語には過去形の動詞こそ存在するものの、英語で言う現在完了・過去完了が、英語程聡明には見て取れない。このため、"I studied."と"I have studied."の違いが始めは分からず、苦労した・・。



前にも書いたけど、フランス語には、全部で14個もの時制が存在しているため、まぁ、中には文語を含みますが、すべての制におけるそれぞれの意味、機能を頭に入れておかなければならない。

主節と従属節の間で、時間の差、つまり、時制の後退性がある場合は、違う時制を使わなくてはならない。言い換えると、違う制によって、時間の差を作り出さなければならない。



"Marie m'a dit qu'elle avait deja fini ses etudes a cet annees-la ."、という文があって、主節である"Marie m'a dit(マリーは私に言った)"という出来事が現在、たった先起こったことだとすると、従属節である"elle avait deja fini ses etudes a cet annees-la(彼女はその年には、大学での勉強を既に終えていた)"という、マリーが大学での勉強を終えていたことは現在の出来事では当然なく、その年、過去に起こった出来事のため、主節の時制(ここでは複合過去)よりも、さらに時間の後退性を表す時制、大過去を用いらなくてはならないのだ。



これはまぁ、当たり前ですね。同じことを英語で言うと、"Mary told me that she already has finished her study at that year."になり、従属節中の時制は大過去だ。



これが日本語では、

「マリーはその年に、既に大学での勉強を終えていたと私に言った(もしくは言っていた)」となる。

これは良しとしよう・・。まだ過去における、時制の差が見て取れる。マリーは今私にその話をしたわけだし、マリーが勉強を終えていたのは現在ではない。終えていたのだ。これは日本語でも、時制を言えば大過去である。



では、従属節における語が、過去における未来を表している場合は?

"Marie m'a dit qu'elle finirait ses etudes dans un an(マリーはあと一年で、大学での勉強を終えると私に言った)."となり、従属節中の動詞、「終える(finir)」は、過去における未来を表す法として、フランス語では条件法現在という時制に当たる。単純未来形とは微妙に語尾が違うので注意してねん。



これが英語では、

"Mary told me that she would finish her study in a year."と、過去における未来を表す助動詞、"would"を補い、表す。

そして日本語では・・・

「マリーはあと一年で、大学での勉強を終えると私に言った」となる。これも当たり前ですね、はい。



しかし。しかし。私が何を、先程から密かに怒っているかと言うと(いや別に、怒ってるって程のことじゃないんですけど)・・

「勉強を終える」の「終える」は、特に独立して、英語・フランス語の様に、未来形として位置付けられるかと言ったらそうでもでもない。現在形でも、「終える」、もしくは「おしまいにする、終わる」であり、未来形の場合でも、変わらないではないか。ましてや、英語の様に助動詞なんてものを補って時制を構成する、という言語ではない。

どうやら日本語には、時制が存在しているようで存在していないようで・・・。



最も、従属節中における時間の後退性をもたせる練習は、慣れてしまえばすぐに出来るものの、日本語だけで同じことを考えていたら、思うようには把握出来ないだろう。

14個もの時制を扱っているフランス人にしてもそうだし、"Time is money(時は金なり)!"ということわざが英語圏の民俗を表しているのにしてもそうだけど、ヨーロッパの人の頭の中では、日本人とは違う時間が流れているのかしら?と不思議に思うことがあった。

14個にもなる時制を使い分けているということは、より細かく時間の流れを感じているのであろうし、言語によってより細かな時間が構成されている、ということである。

そして英語圏の民俗に至っては、時が金であるということは非常に価値のあるもの、反対に、時間を惜しんで金を作れ、という意味にもなり、それ程時間という価値が、生活の中で求められるということである。



よく日本人はのんびりしてる、なんて言われるけれど、こういうことが関係してるのかも。

時間について、貪欲になっているか。日本語を話していて、時間の流れを感じているか。話し手が、時制を扱っているのか。

うーん、分からない・・。



性別に関しては、前に、フランス文学専門の先生が、

「フランス語の名詞における性別は・・ 世の中における、カップルの成立、すべては対になっているという法則につながっているんではないかと思い出してねぇ・・」と言っていて、素敵な発想だなと思った。

そして愛の国、フランス。

すべてのものは、知らず知らずの間に、対になっているのかしら。言葉までも?組み合わせがある?

こう考えるとなんだか素敵じゃない?


-----
言語学チック comments(0)
フランス語の私
学校のおかげか、アルジェリアの血を引く彼のおかげか(これだけは絶対に認めなくないぃ。だって悔しいか・ら!)、私のフランス語は、今一番脂が乗っている。



友達にも、「マリが話せるようになったのは、○○とつきあい始めてからだよねぇ。だって前は、何話してるか分からなかったもん。彼のおかげだね」とか言われて(ていうかこの人だってスウェーデン人なんですけど)、大否定しといた。

違います違います。たまたま、頭の中で体系づけられていた私のフランス語が、滞在の終わりが近づくとともに、いい具合に時間が経ち、すらすらと出てくるようになったのです。決してスウェーデン人のくせにフランス語ぺらぺら、の彼のおかげではありません(ちなみに他のスウェーデン人と同じく、英語もぺらぺらなので、私の英語の間違いももよく直される。爆笑している。これも悔しいぃ〜・・。勉強しなくては。一応、英語専攻の私。)





以前、話す言語によって人の性格は変わるか、というテーマで話を書いた時、その頃は今程喋れなかったので、自分でも、フランス語の私がどんな「性格」になるのか、楽しみ、と書いた覚えがある。

あの頃は、どうなるのかまったく検討が付かなかったけど、今になると、至って普通。別に、変わらないかもしれない。



これはいいこと。変に性格とんがるんじゃなくて、日本語の時の私に一番近い、と自分では勝手に思っている。

のんびりしているし、言いたいことは言うし、あいずちも打つし、熱くもなり、涙する(ごめん、後半ちょっと嘘)。

フランス語を話してる自分は好きだ。なぜなら音がかわいいので、発音出来ている限り、うれしいし、幸せに感じる。喋っていて心地よい。いろんな音を作り出していて、口の動きが面白い。



大学を休学してフランスにやって来て、学校に通い、その学校もついに終わり、留学自体が終わりに近づいて、本当に、ここまで来ることが出来てよかったなぁと思う。ほっとする。

そうそう、私知らなかったんだけど、後期の私がいたクラスのレベルは、「上級?-2」という名前で、"2"という数字が「上級?」の中でもレベルを更に細かく分けているんだけど、数字が小さいので、おそらく一番下の方、正確に言うと、下から2番目なんだろうなぁ・・と思っていたら、先日の期末試験会場で出会った友達に、



「え、違うよ!数字が小さい方が上なんだよ!だからマリちゃんの"2"は、ほぼ"Pre-Universitaire(ぷれ・ゆにべるしてーる)"、『大学入学レベル』なんだよ!」と言われ、猛烈に驚いた。全く知らなかった。てっきり、数字が小さい方が下だと思っていたので、『せっかく上級でもなぁ・・ちぇー、一番下の方か』、と思い、後期を過ごしていたのである(笑)。



そう言われてなんだか納得。そりゃあんなタイトルのエッセイ書かされるわ・・。先生も熱入ってるわ。。もうちょっと上級であることを意識して、誇りに思い(?)、後期を過ごせばよかった・・。



まぁ、終わったものを振り返っても仕様がないのでやめますが。後はこのフランス語を、どうやってつなげるか。復学した時もそうだし、おそらくするであろう就職活動にもそうだし。

私一体、どんな仕事をするんだろう・・・?こう不思議に思ってるのは、私だけじゃないはず。皆、no ideaよね(笑)。
言語学チック comments(2)
きれい きれいじゃない
フランス語を始めた頃は、何を聞いても、『フランス語ってきれいだなー』と思ってた。どんな人の喋りでも、うっとりするようであったし、その度に魅せられた。

お母さんが言ってたけど、フランス語は天使のささやき、という例えの形容詞もあるらしく、あながち当たってるかなと思う。

しかし。幸か不幸か、フランス語が分かるようになるに連れて、いつも聞き取っていなくてはならない、頭では、理解していなくてはならないという考えが中心になり、『きれいだなー』と思う機会が、最近減ったように思う。

何を聞いても、内容が理解出来るので、しっかり聞いていなくてはならないし、集中していることが多い。

ただぼんやりと聞き流し、うっとりするなんてことが、出来なくなってしまった。



また、フランス国内における訛りの差までは細かく分からないのですが(南フランスにはまだ行ったことがないし)、それでも、フランス語を話す国、通称・フランコフォンの人々の話す癖、特徴は、今でははっきり分かる。『あ、この人、アフリカ出身なんだろうな』とか。

ちょっと前までは、アフリカ訛りのフランス語があるなんてこと、知らなかったのに。世界でフランス語を話すのは、フランスはもちろん、ベルギーとケベックだけじゃない。また新しい視野が広がった瞬間でもありました。



汚いフランス語だってある。ののしり言葉だって存在する。自分でも、つい興奮していると、語尾に"quoi(くわ・”は”の意味)"を付けて男の子みたいに喋ってしまうし、「最っ低ー」とかも言う。

前は、何を聞いても、『きれいだな』と思ったのに。今ではすっかり、きれい、きれいじゃないと区別するように。



何を聞いても、理解出来るようになったのはもちろん喜ばしいことだけど、反対に、『きれいだな』と客観的に感じる機会が少なくなってしまった。これは、少し残念。贅沢なことを言っているのは分かっているけど、なんか残念。じゃあ理解出来ないままでいいかって言ったら、そうじゃないしねぇ〜・・。わがまま。


-----
言語学チック comments(0)
言葉は記号論
前にも書いたけど、言葉は記号だ。その記号が分かれば、頭で聞き取れている、理解出来ているということになるし、分からなければ、おしまい。

同じ記号を話す人同士では何って言っているか理解出来るけど、違う記号を話す人同士では分からない。

違う言語を話している人は違う記号を話しているようだし、何を言っているのか、まったく聞き取れることはない。

多少、外来語など、所々聞き取れる所はあるとしても、総括的にではない。

それは、ただの記号。訳の分からない記号。

違う記号を聞いていても、何も分からない・・



共通語はフランス語で、でも、とある別の時に、その人が普段の母国語で話しているのを見ると、もうその人は共通の記号を喋ってはいないので、何を話しているかまったく分からない。私にはその記号が分かることがないから。

同じ記号を喋っている時は距離が近い気がするのに、急に違う記号にスイッチされると、遠く感じる。

ここでも、その記号が分からないから、どこか遠く感じるという現象が起こる。言語には、それぞれの距離感が込められていて、急に違う言語、つまり、違う記号に変わると、それによる距離感の変化も伴う。



暗号、と言うことも出来るかもしれない。

日本語がまったく分からない人がいて、日本語という記号を話す人が二人いて、その二人が日本語が分からない人のことを堂々と喋っていても、その人はその記号が分からないので、私達は日本語という暗号を話すことが出来る。どんな話だって出来る。秘密の話だって出来る。



記号という、なんだか無機質な名前をしていても、実はその記号にはたくさんの意味、言葉、感情が込められている。

人間には記号が必要だ。何も言わなくても伝わる関係も素敵だけど、何も勘違いすることがないよう、すべて理解出来るよう、言葉を持っていたい。操っていたい。

目にする物、きれいな物、その日あったうれしかったこと、すべて、言葉で伝えたいと思う。聞いて欲しいと思う。



共通の記号が見つかると、その世界の中では共通のルールが出来ていく。自分の、普段とは違う記号を話していても、例えば何を言ったら相手が傷つくのか、喜ぶのか、量ることが出来る。



言葉は記号だ。その記号が分かれば、何を話しているのか分かるし、分からなければ、それでおしまい。解いていくしかない。

しかし、もし同じ記号を解せば、もしくは、もし共通の記号が何かあれば、理解することが出来る。

世界には、いろいろな記号が溢れているけど、意外にも共通の記号を見つけることが出来る。

一度、共通の記号が見つかれば、後は簡単。その記号の世界で会話を交わしていくだけ。他の記号に迷うことはない。惑わされることはない。
-----
言語学チック comments(0)
皆ネイティブ・スピーカー
たくさんの国籍の中に混じってフランス語をやってると、『皆、本当は違う言語を話すんだよなぁ・・』と思うことがある。

どういうことかって言うと、普段、私とはフランス語だけど、つまり、お互いの共通語はフランス語だけど、同じ国出身の友達とはちょっと目を離すと(?)母国語で喋っていたりして、そこはもう、私の知っている○○ではない。

お互いフランス語で話すよう習慣付けられているからこそ理解し合えるものの、私がまったく分からない外国語で話されると、ちょっと遠く感じてしまう。



フランス語を習得するための学校にいるせいで、つい『フランス語を習得しなければっ』って思って、フランス語だけに夢中になるけど、

もし日本語を習得したいフランス人がいたら(っていっぱいいるけど)、私はそのフランス人にとって日本語のネイティブ・スピーカーであるし、そのフランス人は私にとって、フランス語のネイティブ・スピーカーだ。言わば、お手本である。

韓国語を習得したい人にとって見れば、韓国の人は自分の憧れである韓国語をぺらぺら喋っているのであるし、スウェーデン語をやりたい人がいれば、スウェーデンの人は憧れの的になるのであろう。



世界には様々な国が存在していて、異なる文化が混在していて、それが世界の面白みを作っているけど、どうして言語が異なるなんてことが起こったんだろう。最初からひとつだけの、まったく同じ言語だけを解していれば、外国語を習得する楽しみもなかったし、苦労もない。



また、ひとつの言語を習得するのはまったくもって簡単なことではないので、例えもし、フランス語が下手な人がいても、その人は自分の国の言葉を流暢に喋るのであろうし、その言語を習得したい人にとって見れば、称えられる程だ。

立場は逆転。今度はこっちの言語、ってね。



発音に関しても、同じことが言えるかもしれない。まぁ最も、自分が日本人であるのを十分理解した上で、日本語を話す人特有の癖や、訛りがあるのは百も承知だ。どうしても再現出来ない音だってあるし。でも、私は出来る限り自分のベストを尽くしたいし、きれいに話せるようになりたい。

もし私のフランス語が、「日本語訛りがひどくって聞けたもんじゃないよ」、って言う人がいたら(ってそんな人、幸運にもいないけど)、

私は、「それは私が日本語を喋るからよ」って堂々と言えるのであろうし、どうしてもフランス語は私の母国語にはなりえない。私には、日本語という、別の言語のバック・グラウンドがあるの。そう思えばいい。



ひとつの言語を習得するのは、楽なことじゃないから、まったく違う環境、異なる言語に囲まれて育ってきて、ふいに外国語をやる。

発音できない音があっても当然。だって、ずっとその言葉を喋ってきたわけじゃないんだもの。と同時に、今まで違う言語の中で育ったきた年数は、いくらその言語を勉強しても、追い越せないものなのだろうか・・。





皆、それぞれの夢や目標を抱いて、フランスにやって来ている。主に、フランス語を習得するために。

皆、一生懸命に勉強して、喋って、フランス語で通しているけど、本当は、違う言語を話す持ち主。本当は、違う言語のネイティブ・スピーカー。共通語のフランス語を話すからこそ、お互い通じ合えるのであるし、うれしいことも、楽しいことも、何でも分かち合える。

言葉が通じるって素晴らしい。理解し合えるって素晴らしい。



言葉は暗号だ。記号みたいなもの。

その記号が分かれば、通じ合える。分からなければ、ただ解けずにおしまい。

フランス語を話すからこそ出会って、通じ合える友達。私がもし、フランス語をやっていなければ、出会えてなかったね。

今までずっと、別の言語を喋ってきたのに、ふとフランス語という言語の中で出会った。

素敵な素敵な、言葉の中での出会い。


-----
言語学チック comments(0)
言葉の距離感
最近クラスの友達に、日本語を教えていて、ちょっとした流行になっている。

きっかけは、とあるスウェーデン人の男の子が(多面的な人ではありません(笑)。)日本人の女友達がいるらしくって、その人からちょこちょこ教えてもらっているらしく、面白いフレーズを言ってくるのだ。突然言われるからびっくりして、ウケてしまう。

それ以来、授業の後のカフェ(恒例)で、絶対に何か、日本語を教えてあげている。

他の友達も興味津々。私が別の日本人のコと日本語で喋ってるのを聞き取って、ぱっと言ってきたりするし。発音が簡単だから、皆すぐにキャッチできるのよね〜。



驚かれたのが、日本語にはほとんどと言っていいすべての名詞に、「お」を付けることによって、丁寧になるというもの。

「お金」、「お水」、「お父さん」・・。

「何でも『お』を付けたら丁寧になるの?何でも付けられるの?」とも聞かれたけど(これは例の、多面的な人です)、そうではないなぁ(笑)。その発想もかなり分かるが。。

そしてその彼は、「なんか、日本語って、何でも丁寧なのとそうじゃないのがあるみたいだ。じゃあ、『おはい(返事の『はい』に『お』を付けたもの)』もある?」って聞いてきて、爆笑してしまった〜(笑)。確かにそうだよねぇ、そういう発想になるよねぇ。でもそれは、存在しないんだなぁ。



極力避けたいんだけど、どうしても、「何でもいいからとにかく汚い言葉を教えて!」とわくわくした目で聞かれて、ののしり言葉を教えてしまう・・・・。でも、そんなに汚くないです、はい。。

この彼は、最近、私のことをずっと「まりちゃん」と「ちゃん」付けで呼んでいて(笑)、その度に私は参ってしまう。。もうかわいくってかわいくって。。

男の子の「くん」付けも教えてあげたけど、私は付けずに呼んでる。たまにからかう時は使うけど。なんかニュアンスが変わるよねぇ・・?



日本語を適当ながらも教えてあげていると、ひとつ、気が付いたことがあった。

日本語って、本当に、話し手の間柄、関係を、色濃く表してる言語だなぁってこと。

敬語を使うかでもそうだけど、例えば前述の「お」を付けるか付けないかでもそうだし、丁寧さは変わってくる。

どれか何かひとつのフレーズを教えてと聞かれても、状況によって言い回しがたくさんあるわけだし、どれを選び、教えたらいいのか分からない・・。英語のように(別にフランス語でもいいけど)、"My house is big."というフレーズがあっても、日本語では、状況によって、

「私の家は大きいです」となるのか、「あたしのお家、大きいの」となるか、話し手の年齢、心的状況、または誰に話しているかによって大きく変わってくる。



こういう言語も、なかなか存在しないんじゃないでしょうか・・。

「○○って何て言うの?」って聞かれて、「どういう状況で??」とか、「丁寧さによるけど・・」と私が言うと、皆が爆笑する(笑)。

「日本語は全て、丁寧さによる言語だ〜〜」ってね。なので何通りか、教えてあげることも。



その他に、その彼がちゃくちゃくと覚えていってるボキャブラリーはですね、返事の「うん」、「ううん」と、(ここでも)丁寧な方の「はい」、「いいえ」。

彼は両親がアルジェリア出身で、スウェーデンで育ったアルジェリアの血を引いているスウェーデン人なので(まったくすごいルーツだぜ)、

「自分の話せる外国語は全部(アラビア語、英語、フランス語)、子供の時から来てるんだ。まったく知らない、ゼロから始められる言語をやりたいよ。」なんて言ってた。

「スペイン語にしようかなと思ったけど、フランス語に似てるし、まったくゼロじゃない。日本語に日に日に興味が出てきたから、ちょっとやってみようかな」とも言ってる。それはそれで、きっと素晴らしいけど。既にアラビア語も話せるんだから、向かうところ敵なしになるのは確実です。。



普段フランス語で話してる人と、英語で話したりちょっと日本語だったり、とにかくいつもと違う外国語で話すと、その人の違う一面を見てるようで面白い。

その彼が、英語を喋っているといつもとは違う彼だって思うし、内心ちょっとわくわくしてしまう(なぜか)。アラビア語を喋ってる彼をまだちゃんと見たことがないので、見てみたいと思う。こないだちょっと、「こんにちは」は言ってもらったけど。



まったく日本語を勉強したことない人が、「何かフレーズ教えて」って言って教えてあげて、それをぱっと言われると、かわいさと面白さでウケてしまう。日本語が外国語の人にとっては伝わらない、母国語だから分かる、この、絶妙なニュアンスよ・・。

その彼がずっと、私が不覚にも嫌々教えてしまったののしり言葉を忘れないように私に言って練習してくるので(むかつく、とか、腹立つとかに、まりちゃんを付けて言ってくるから憎めない)、反対に、

「もし私がスウェーデン語で何か汚い言葉を言ったら、すっごく面白いでしょっ」て言い返しといた。失笑してたけどxx



フランス語でお互い話してるからこそ、フランス語という枠の中でお互いを理解し合い、おしゃべりしていく。

それがちょっと、例えば英語だったり、ちょっとの日本語だったり、別の言語になると、チャンネルが変わるようで、不思議な気分。

普段設定されている言語での距離感があるので、そのギャップに違和感を感じてしまうのかもしれません。


-----
言語学チック comments(0)
1/3PAGES >>