Previously, mari's paris life


"La France traverse une phase de vulgarite. Paris, centre et rayonnement de betise universelle" - C. Baudelaire :p
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
Days are longer





It seems the summer is finally around the corner, finally.

Days are longer, people are happier and out.






mari
























日々のつぶやき comments(0)
Holiday feeling





Festive!


 

























家の中であったかく過ごすクリスマスと、年末、それからお正月の時期が一番好きです。日本の四季の中でというよりは、行事や雰囲気の中で。



なんとなくお祭りっぽい、クリスマスのような、あたたかい空気が伝わるような、けれども冬の凛と澄ました冷たい空気を頬に感じるような・・そんな雰囲気ばかりの写真を選んでみました。


今、一眼レフのカメラ(ニコン)も、小型のデジタルカメラも(こちらはキャノン)、両方ともパリの部屋に置いてきてるので、手元にあるのは携帯のカメラのみ。XD



ふとした日常の瞬間でも、見る角度によっては『あ!』と思うことが連続で、『これ撮りたい!』となると、撮らずにはいられません。







冬休みは、パリから妹&ぽむくん夫婦も帰国して、クリスマスの後には大阪から友達ナポレオンも来ました。お客様ありの、とっても賑やかな時間を過ごしました。





深く事情は言えませんが、こんなに遊んでる風に見えても(汗)、私はちょっと、ちょお〜〜っとね、辛い時期を過ごしておりまして。同じ経験をした妹が、それを配慮してか、こーーんな願ってもないプレゼントをくれまして。。。


ツリーの下にプレゼントを置く時には、わざと他の袋で隠して、全然見えなかったのに!XD



もう嬉しくて泣いたよう。。ほんとに『うれしーーーーい!X)』って顔してるでしょ(笑)?
嬉しくてキューーっと、(さらに)猫背になっちゃってるもんね!XD
いや〜、びっくりした・・・
妹よ、ありがとう! bisous bisous






25日には温泉へ。27日には日本庭園へ。一日1アクティビティーと決めて、あちこち出かけました。写真にはないけど、遊覧船にも乗ったりした。写真にはないけど、ぽむくんたっての希望でなんとパチンコに行ったりもした・・・X’D



遊覧船からの帰り道、駐車料金を払うところで、ぽむくんはなんと「グルジア人」に間違えられるという出来事も(笑)。。。






一連の流れ



(助手席に乗ってるナポレオンを見て、おじさん)「おっ、彼氏?!」・・大体そもそものテンションがおかしいw


すかさず私「違います!!!!」即答





「後ろの二人は夫婦です」と続けて私。


すると、後ろに座っているぽむくんがおじさんには見えたようで、おじさん、



「ほ〜う、後ろのお兄ちゃんはあれか、グルジア人か!」 エーーーーー!!!XD



ってな感じで、いくら眉毛がはっきり、凛々しい顔のぽむくんでも、グ、グルジア人って・・・


(この街にはグルジアの人が多いのだろうか?いやそんな話は聞いたことない。。。このおじさんは最近グルジアに旅行へ行ったのだろうか?いやグルジアってそんなメジャーな観光都市だっけ・・・)という感じで、謎を残したまま、私達は笑いに笑って、駐車場を後にした・・・







その他、この年末で面白かったことは、おでん屋に出かけたハーゲンダッツ夫婦もとい、この度私が命名したNewアダ名は「フレンチラブコメディー」ですが、父におでん屋での様子をぽむくんが話している際に、父(おでん好き)はつい勢い余って・・・




あのおでんがいっぱい入っている場所(日本語でも何と言うのだ???笑)のことを、父ったらfood poolと説明したもんだから、おかしくておかしくて私達は爆笑したねーーー!!!X’D





そりゃあさぁ・・確かにたくさん食べ物が浮いている・貯蓄?されているところではあるが・・X’D アータ、food poolて。。。。。。やばい、これを書いている今でもまた思い出して笑い出しそうである。ふふふ・・。いかんいかん。





その他にも、歩いて行った初詣の帰り道、至極寒かったので、ぽむくんが知ってる単語を並べて、突然、




この国、すげーさみ



と言ったのにも笑った・・・・・X’D





9割は、妹が変な言葉ばっか教えてるからである。が、それにしても。。。。。X’D









そんな感じで楽しく過ごしたのでありますが、そんなフレンチラブコメディー(長いw)は、関空へと向かうべく帰って行ったのでしたー。

次はまた、二週間後くらいにフランスで会いましょう。って感じです。ha ha ha.






皆さんはどんな冬休みでしたか?:D








mari























日々のつぶやき comments(0)
おめでとう
 

・・クリスマス、おめでとうございました。えへ。









新年、明けましておめでとうございます。




2011年は、日本にとって大きな傷跡を残した、痛い年となりましたが、2012年、今年は干支の辰の通り、上昇する年となればいいですね。



日本が、東北が、いち早く復興することを心から祈ります。また、原子力に頼り過ぎた私達に、新たなエネルギーの道が見つかりますように。心から、思います。








2011年は、個人的にも激動の年でした。新しい仕事が決まったこと(正確には2010年12月からですが・・)、それから忘れもしない、衝撃のNYLONインタビュー、パリへの引っ越し・・・ それから、今も落ち着かない日々が続きますが、今月にはようやくフランスへ戻ることになりそうです。





10月中旬に帰ってきてから、もうけっこう長く日本にいるので(笑)、私ほんとにフランスに住んでたのかしら?!住んでるのかしら?!一体どっちに住んでるのかしらと、相変わらずよく区別のつかない、もやもやとした、ふわふわとした、捕らえ所のない世界の中を、漂っているような気がします。




そんな時でも、軸となる、自分の気持ちだけは、心身こそだけは。しっかりと、しゃんと保ってなければなりませんね。そんなことを、思いました。




どこにいても、私は私。所属に対する不安と、未来に対する不安と。先の読めない、手探りで人生を、旅を続けていく予感と、現実と。その間で交互に交差しながら、これからもまだまだ、続きます。





今年も時間の許せる限り、また豊富に書いていこうと思いますので、こんな私ですが皆様よろしくお願いします




2012年が皆様にとって素晴らしい年となりますように!心から。







mari
































日々のつぶやき comments(0)
どうなるユーロ
 


 今日ね、ついになけなしの日本円が底をついてきたので、持って帰った300ユーロ、ついに両替しに行ったんですよ。


私が留学した頃や、その後も旅行で訪れる度、ユーロは高騰に高騰していたのだけれど、今日のレートはなんと1ユーロ、103円!






......... 



103円って・・!!! 一度も経験したことのない低さ。。ユーロを両替すればかなり「ムフフフフ」に変わっていたのはいつの時代のことやら。。




経済の詳しいことは何ら分からず、それはどっちかと言って妹の専門だけど、ギリシャは一体どうなってしまうのー。でも、私に唯一言えることは・・ちゃんと納税しろ。。してくれ。。 ってことなのは間違いないです・・。






***




明日はファッションのビッグイベント、Fashion's Night Out in Tokyoですね〜〜〜 (と、ちょっと意識して、ファッションブロガーっぽいことを書いてみる・・全然そうではない)


私の場合、冗談抜きで『あ〜今日○○でこういうイベントやってるよなぁ〜〜』とぼんやり思っても、疲れてたりして家でぼーーっとして過ごしてしまったりするのです。体力ないからね。しょっちゅう。


でも明日は、友達と行けそうなのでせめてクロージングだけでも覗いてみるつもりっ






mari
















日々のつぶやき comments(0)
お久しぶり



 



















・・・・・お久しぶりです、エへ。


皆様、ブログほったらかしでごめんなさい・・。




9月はご存知の通り猛烈な忙しさで、10月に入るとそれはそれで仕事に猛殺され、気が付くとあれ、今、私、日本にいる・・・?というわけで、えー訳あって、今、一時帰国中です。



ぼちぼちいろいろな写真をアップして参りたいと思いますので、どうかあきれず、今後ともお付きあい下さいませ 。




とりあえず、この三ヶ月を振り返る写真を・・・。(こうして見ると、私ほんとにフランスに住んでるのかなって感じだ。帰ってきてから、最初は戸惑い、逆カルチャーショックもあったけど、そのうち慣れ、今はなんだか、段々とまた日本に馴染んできたよ。まぁ自分の国なので当たり前なんだけどね。午後2時くらいにならないと調子出ない(フランスの朝7時)、電車に乗ると人混みに酔い、吐き気が。。。時差ぼけがなかなか取れない日々ですが。。。楽しく過ごしたいと思います。)




ピクニックに行き、見上げた青空に映る緑の美しさに泣きそうになったり、妹の家でシャボン玉をしたり、家族で食べに出かけた老舗ブラッスリー、カフェなどなど・・わりかし綺麗でおフランス的な写真を選んでみました。




フランスはもう随分寒いみたいなので、秋晴れの気持ちのよい日本から、寒いフランスへと帰ったら、また風邪を引くでしょう・・・。ううう。




mari







またこっちで書かれちゃったよ・・・。でもハートが可愛いから許す!
























日々のつぶやき comments(2)
お帽子生活
 


My new style for summer.......... Hat with bow I've been looking for this kind of floppy hat and I've finally found it in the neighborhood! 
続きを読む >>
日々のつぶやき comments(4)
NYLON、その後・・・
皆さまこんばんは、ごきげんいかがでございますか。わたくしは1年目にしてGWに10連休もいただき、豪快かつ華麗に休んでおりました。オホホ。さすがに10連休も休むと、社会復帰が危ぶまれるし、自分でも自分のことが大丈夫かなぁと、不安になってくるのでありました。まぁそれはいつものこと、という感じですが。 


 NYLONに掲載されてから、ほったらかしだったこのブログに、NYLON発売以降、毎日必ず400以上ものアクセスを頂き、中には800近い日もあったりと(ヒーー)、全然ファッションチックな写真が載っていないのでがっかりされた方、この長く、しつこい、延々と繰り広げられるうどんのようなテーマ「私とフランス」というエセエッセイ、文章を読むに巻き込まれた方、実に様々だと思いますが、ほんとうに、ほんとううううにありがとうございます。


NYLON発売前のアクセス数が37だったらば(リアルだな・・w)、発売後一気に400台ですからね・・・ブルブル。
あまりの増加度に、わたくしビビってしまいまして(だってこんな体験初めてなんだものー!)、なんと言うか、そうそう書く波がやって来ないわ、ネタもないしで、もういっそ、このままフェイドアウトしてしまおうかと考えていたくらい・・・えへ。つくづく産業ライター(Industrial writerって言葉ある?)、にはなれないと思った私である。



 まーね、こっそりと報告させてもらった皆様には「すごいね!おめでとう!」、「これはいいとも目指して頑張って下さい」などの多種多様な励ましのお言葉を頂きましたが、それらはすべて、杞憂に終わるかと・・・つまり、一発屋で終わると思っております


サングラスをかけ、顔の分からない、かつ、今では前髪切ったしで、全然私と分からない写真が掲載されたので、そのせいなのか何なのか、私は普段と全然変わらず、いたって平和で平穏な毎日を過ごしているよ☆ 堂々と顔がバレる写真じゃなくてよかった・・と、ほっと胸を撫で下ろしている次第であります。 



 GWは、ずっと実家のある裏日本(こう言うと怒られるんだっけ?)に帰っていたのですが、現在、この私をさしおいて、いつの間にやらパリに住んでいるアーンド今年結婚までする妹が、ワケあって一時帰国中のため、久しぶりに家族4人が揃い、久しぶりの家族旅行なんかもしていたりしました。行き先は広島。なぜなら両親の用事があったから・・・銀行に、という感じであります。(「ちょっと銀行に用事があって行ってきた」と言うと、大抵の人は『はぁ?』と眉をひそめる) 


そして山間部を抜け、次に目が覚めた時には気が付くと山賊をテーマにしたレストランにいたり、詩人だった大伯父様の記念碑を日本海で見たりなんかしておりました。ざっぱーん(波の音)。 


 せっかくなので、その石碑の前で家族写真も撮ったのだが、説明しないとなんでこんなとこで写真撮ってるのか分からない感じ・・・XD みんな神妙な面持ちだし。そしてその後、地元の街では英国式庭園へ行きまして、それが下の写真なのですが、これはまだいい方で、この後なんと、「家族でフランス旅行をしました」よろしく、「ジヴェルニーへ行ってきました」みたいな写真も撮った。蓮がいっぱい生えた、沼の近くで・・・・・ 。イ、イギリス式庭園じゃないのか・・・。  モネ好きだけどさ・・・・。あとは、家の前でトカゲを追いかけて転んだりもした。 私、27歳だけど大丈夫・・?と、そんな感じで私のGWは、私に負けないくらいクレイジーな家族と共に濃密な時を過ごしたのでありました・・・。  





(せっかくの近況を表す写真なので、ほんとはもっとアップで掲載したいけど、恥ずかしいあまり変な顔になっているのでこの小ささでカムフラージュ・・・☆)



 広島のホテルをチェックアウトした日、お腹が痛くなった私は、思わずテンションが低くなり、深刻そうにしていると、両親から「まりにゃんは昔からすぐに気分が急変しやすいからねぇ・・・」と言われ、その直後、父に、「頑張ってネ☆」と励まされた・・・・ ありがと、お父様・・・・・・・・・ あっまたもフランスに全然関係ない!!




 NYLONの記事が、「時代のヒロインはーと ブロガー大特集」という見出しで始まるおかげで、いや私の記事はほんのちょびっとで、ルミ様なんかには到底叶わないのですが(すべてを含める)、そのせいでGW中、家族からは何かある度に、ずっと、「さすが、時代のヒロインは違うねぇ!」、「よ!さすが時代のヒロイン」、「やっぱり時代のヒロインは言うことが違うね」等々、実に、辱めの刑に遭っておった・・・・。うぅ、可哀想な私。そんな看板、しょえるわけもない私である。 



そりゃ私だってルミたんみたいにさー! 「この綺麗な写真は一体誰が撮ってくれてるの?」という世間の問いに対し、「普段の写真はボーイフレンドの○○が撮ってくれてるのよ」みたいなカッコいいフレーズ、さらっと言ってみたいさ!うえーん!フォトグラファー募集! !!




そして、"マリのパリ生活"、なんてバラの香りがするような名前を付けておいて、ホントこんなんですいません・・・・・ 

ブログ開設当時、特に何も考えていないまま作ってしまったので、タイトルとかそういう大事なことは全然考えていなかった・・・ 今だったらもうちょっと意味のある、かっこいいタイトルに、という案があるのに・・。


ふと見ると、パリはパリでも食あたりにあった話とか(それも2回・・ そしてこのせいで、両親からの信頼を失った・・・)、全然バラの香りからは程遠い、『もしやこれって、ギャグブログなんじゃ・・・(そういうカテゴリーがあるかどうかは置いておいて)』と、自分でも咄嗟に不安になるような感じではありますが、私はこれからも、


「一人暮らしの人がPC見っぱなしでごはん食べる際に、暇だから何か読み物を探して読むブログ」


というカテゴリーを目指して書いていきたいと思います、これからも。なんてニッチ・・・XD 



 もちろん、パリっぽいことはそれはそれで書きたいのだけど、綺麗な写真も載せたいし〜〜。でもこういう脱力した、ふざけた側面も大事な自分の一部って言うか、そもそも私のフランスに対するスタンスが「この野郎・・・!・・愛してるぜ」なので、それはなかなか難しいのであります。素直に好きって言えない、そんな感じでしょうか。ほんとはものすごく好きなくせに、って感じなのです。 



 なんかこんなことばっか書いてると頭おかしい人に思われそうなので、NYLON後初としては、この辺でそろそろやめておくことにするよ。真面目な記事も書くよ、そのうちちゃんと! 


これからもよろしくお願いいたしまする。



 mari
日々のつぶやき comments(4)
種明かし。
続きを読む >>
日々のつぶやき comments(10)
What a feeling
あーーーーーーーー 上手く言えないっ 書けないっ XD


けれど、どうやら"Believe in yourself, be true to your heart. Do what you want, keep doing it"(自分を信じて、自分の心に正直に。やりたいことをやる。やり続ける)という類の言葉は、どうやら当たるらしい。それがよく分かった。

そして、細々とだけどこうして思った時に、書いてきてよかった。書き続けてきてよかった。それだけは言える。


私は私でよかった。自分の感性、趣味、好きなこと、もの・・・ 感情が赴くままに生きてきてよかった。




今までも、想像しなかったことじゃないけど、自分の思ってもみなかったところで、思ってもないことが起き、起きてる。起きる。こんなことって、あるんだな・・・



Tomorrow much of my dreams come true. Perhaps. 





明日夢が叶う。




ちょっとまだ詳細は明かせませんが、詳細は後日、ということで・・。




願ってもないチャンスを与えて下さり、ほんとうにありがとうございます。


感謝。

mari





ps 先週27歳になりました☆ 渋谷のVIRONにて。Merci a ma meilleure amie, aussi pour la photo!

日々のつぶやき comments(2)
その日
 いつもと同じ一日になるはずだった。午前中取引先と打ち合わせをし、そのはからいで、午後は某ブランドのプレスリリースへ案内され、見せてもらえるということだった(私にその知識はゼロだけれど、今PRを勉強させてもらっている)。その前に、なるべく早く片付けてしまわないといけない、別の案件があった。その打ち合わせを、自分のデスクではない、別の場所でしていた時のことだった。

ちょうど、二日前にも、長く、揺れる、別の地震があった。今思えば、それこそが予兆だったのかもしれない。私はただでさえ怖いので、すぐに机の下に逃れたが、一緒にいた二人、それも年の近い、女の子二人は、私よりも取り乱した様子、パニックだ。

私は二人をしっかと抑え、つなぎ止めると、揺れの最中にいながらも、ひたすら、それが収まるのを待った。9階はさすがに揺れる。古いビルならなおさらだ。前に被災した時は、家に一人きりだったものの、ビルの上の方で、こんなにも揺れを感じるのは初めてだったため、私は初めてのことながら、私は地と一つとなり、自分までも揺れているのを感じた。取り乱してもおかしくない、そんな非日常のことであったのに、私は自分が、ひどく落ち着いて、冷静であるのを感じた。そう思えば、手は二人の女の子をしかと掴んでいる。一人が叫ぶ。「死にたくない!」。私だってまっぴらごめんである。先日目にしていた、ニュージーランドでの様子が脳裏に浮かぶ。このまま、このビルがぽきりと折れて、真っ逆様に下へと落ちたらどうなるだろう。いかにして、ここまで我が脳裏は冷静なのか。いや、そんな風にして死んではなるまい。こんなビルで死にたくない!私はさらに、気を引き締める。目の前の二人を、さらにしっかと握る。

それからは、落ち着いた後、社内へと出て、揺れが収まる様子を見せると、あとは歩き、バスを乗り継ぎ、家へと帰った。合計、5キロくらいは歩いた計算になる。・・・この日に限って、10センチヒールで。


被災地の方を思うと、私は何の怪我もしていないし、持ち物は何ら奪われてはいない、津波という、恐ろしい力に。私は生きていて、無事で、けれどそのことが、私をよりいっそう苦しめる。今すぐ被災地へ行きたい。ここにいるながらも、出来ることはしたい。貢献したい。そんな、間違った偽善心がさらに私を苦しめる。けれど、女一人、ましてや食料の、寝床の保証もないかの地へ行ったって、足手まといになり、ましてや被災地の食料までも消費してしまうような、そんな間違ったボランティアにはなりたくないため、今はひたすら、耐えるしかない・・・

何もかも、また一から組み立てて、再建し、何なら、我々日本人の生真面目な能力であったなら、元にあった建物よりも立派なものを再建出来るだろう。それは今回、ヨーロッパの友達にも励まされた一節だった。(今回、アメリカ、フランス、スウェーデン、ドイツ、世界のあちこちの友達から寄せられたメッセージにより、事の大きさを改めて把握した次第である・・・。海外での報道の方がよりリアルで、より深刻で、世界の終りと謳っていたり、その違いは明らかであろう・・・)


人は、不安になると自分に言い聞かせる以上に、その意味も含めて、分かり切ったことを何度も繰り返し、繰り返すふしがあるが、それは私も例外ではなく、友達へのメールに、ひっきりなしに「大丈夫、今は、自分たち自身の中に強さを見つけ、大丈夫、きっとやり直せる、立ち直れると言い聞かせる瞬間なのだと思う」と、何度も打ってしまうのだ・・・キーボードを。一番に届けたいのは自分の心であって、間抜けなのは承知だが、自分の発言、言葉に、その強さを見いだせない限り、自分を暗示にかけるのはより困難なことのように思う。



神戸の時は、ここまで身近に感じられなかった・・・。改めて申し訳なく思う。けれど、今回は違う。3.11を境に、私の中で何かが変わった。それが何なのか、しっかりと見つめたい。そして、私なりに出来ることを、しかと見極めたい。


私は無事です。
日々のつぶやき comments(0)
1/7PAGES >>

  • RSS1.0
  • Admin