Previously, mari's paris life


"La France traverse une phase de vulgarite. Paris, centre et rayonnement de betise universelle" - C. Baudelaire :p
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
夢って?
「真理ちゃんの夢って何?」って聞かれても、最近、すぐに答えられないでいた。

大学休学してフランスに来てるし、3回生だし、帰ったら就職活動だしで、皆、不思議に思うみたい。

寮に住んでる日本人のコも、年の近いコが多いから、最近は、自然と、将来の話になることが多い。



昔から、なりたいものっていっぱいあった。夢が途切れたことなんかなかった。

もともと英語を始めたのも、ディカプリオが大好きで、通訳者か翻訳者としていつか絶対彼に会う!!と心に決めて、勉強し始めたわけだし。実はそうなのです。ミーハーな理由でごめん(笑)。

しかし、皮肉にも彼は太ってしまい、、、(って違うか)、映画にもその後、あまり出なくなり、その恋は消え・・

今では会いたいと思わなくなってしまった。その夢は消えてしまったのね。

フランスに来る前、大学で、翻訳や、同時通訳の授業があったけど、

実際に深くやってみたら、好きじゃないことに気づいた私・・。本当にただディカプリオが好きだったのね。



せっかく英語もここまでやったしどうしよう。それで今はフランスにいるよ・・・ おいおいおい。

私、夢って、いつも、いっぱいあったはずなのに。

それが原動力になって、ここまでやってきたはずなのに。

なりたいものはある。でも、それが夢かどうかは分からない。

言ったら、憧れの職業だ。



要するに、自分に自信がないのね、私は。

自分の外国語や、世界に対する知識や興味を生かせる仕事。

そういう風に働けたらなぁって思うけど、挑戦してみないことには、まだ何も分からない。

私は怖気づいてる。私じゃだめだ、私じゃ足りないと思う。私なんかより、もっとできる人はいる、と思う。

でもトライしないのは悔しい。足を踏み出したいのに、踏み出せないでいる。ほんの少しの勇気が足りない。



今フランスにいるのも、もっともっとフランス語がマスターできれば、

将来就ける仕事の数や、幅も広がるかなぁと思ったり、とにかく、自分のキャリアに結び付けたくてやって来た。

将来の夢に向かって努力中。でも、その夢って・・・?



考えてみれば、大体私は超・文系で、ここまでやってきた。高校も変わったとこ行ったしね。まぁそれでよかったんだけど。

このまま勉強を続けたい気持ちはある。

でも、じゃあいざキャリアになるのかって考えたら、それはちょっと違う気がする。(この場合のキャリアっていうのは、自分の糧、って意味じゃなくて、エリート、ってことね。)

私が将来エリートになるかと思うと、考えただけで笑ってしまうのは私だけじゃあるまい。そうだろう(笑)。

自分の力が生かせる、最低限、幸せな仕事が見つけられたら。でも、願ってるだけじゃ何にもならない。



夢って、将来なりたいものや仕事の内容ももちろんだけど、最近考えたのは、キャリアがどうとかじゃなくて、

誰と一緒にいたい、こんな風でいたい、っていう、そういうビジョンでもいいんじゃないかなぁって。(ありがとう友紀ちゃん)

そして、そう考えたら、不思議と、答えは出たのです。



私、あの人といたいって。こんな人生送りたいって。

それがどんな人生なのかは秘密だけど、あくまでも自分だけの夢のものだから、今は、言わないでおくよ。


-----
フランス生活(留学) comments(0)
スポンサーサイト
- -
<< Mariでよかった | main | オペラ座の怪人 眠れる森の美女 >>
comment

message :