Previously, mari's paris life


"La France traverse une phase de vulgarite. Paris, centre et rayonnement de betise universelle" - C. Baudelaire :p
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
100万人以上が歩いた日
iPhoneImage.png






iPhoneImage.png


What a day, what a special Sunday. 
I have never ever felt that French myself before.



#JeSuisCharlie

#ParisToday

#Bastille

#Manifestation





その日曜日は、これまでのどの日曜日とも異なっていた。どうしてもキャンセルしたくない先約があったため、午後3時、共和国広場から始まる行進には参加出来なかったけど、終息した午後5時頃、サン・ポールの教会の前で彼と待ち合わせ、バスチーユへと行った。彼は、一人で参加した。彼は前に、「今回の事件が、自分の何かを変えた。自分の国に対する価値観が変わった」と言っていた。



どの道を歩いても、バスチーユ方面から歩いてくる人だかりを目にする。避けることは出来ない。こんなにも多くの人が、今日は一丸となって行進したのだと思い知らされる。普段は車が通って、歩行者天国になることがないリヴォリ通りを、流れに逆らうようにバスチーユへ向かう。胸には、堂々と"Je suis Charlie"とプリントされた紙を貼った人たち、プラカードを掲げた人たち。若者、同世代、年配の方、身分・宗教に関係なく、皆誇りに満ちた顔をして、家路に着いていた。私は必然的に、流れとは逆の方へ。そんな人々とすれ違ったからだろうか、デモの熱気を胸いっぱい、正面から受けるような気がする。一心にその気持ちを受け取り、一人逆方向へ、中央分離帯の上を歩くと、その時私は、まことにフランス人だった。フランス人の気持ちになりきっていた。





デモの区間は共和国広場からナシオンまで、と企画されていたけれど、若者はバスチーユと決まっている。革命が起きたこの場所で、若者は塔によじ登り、声高く叫ぶと、連呼する声が。「シャルリーコール」が止まない。これだけの若者が今回の事件、ひいては政治に興味を持ち、犠牲者に対し、暴力に対し叫ぶ姿を見ると、いつも安心する。これだけの若者が国に関心を持つ限り、この国は安泰だ、まだまだ未来を信じることが出来ると思えるからだ。



「自由(リベルテ)」と書かれた横断幕は、よく見ると一本一本のペンで出来ている。言論の自由、表現の自由を。もちろん、辛辣にもなる風刺画が招いた事実、結果は忘れてはならない。けれど何より、野蛮な行為を以て反論に出た悪を、自分たちが革命以来、いつも自分たちの手で築き上げてきた自由を危険に陥れる者を、フランスは許さない。自分たちの自由を脅かされて、フランス人は怒っている。と同時に、自分たちはテロに屈しない、フランスでテロを起こすのは止めてくれ、ここフランスでは何でも言う権利があるのだ、自分たちに迷惑かけるなと叫ぶ声が聞こえる。



涙が溢れてきて、止まらない。広場にいるだけなのに、あまりにも胸を打たれた。恐れず、悪に対して叫ぶ姿は美しく、そこには何にだって勝つ力があるように思えた。(行進に参加していたら、きっと号泣していたことだろう。。)遠くの方から、警備に当たっていた警察の車が何台もやって来る。みんな、拍手して迎える。車の中にいる警官たちも、喜んだ顔で通り過ぎて行く。嫌味のない、誇らしげな表情だ。町衆は、「お見事、ブラボー!」と皆口々に叫んでいる。


広場には、(写真でも見えるけど)ターバンを巻いたおそらくヒンズー教徒の集まりが。写真を撮る人もいた。これぞ、まさに今回のマーチにおけるスタンスで、「フランスは人種・国籍・肌の色・宗教に関係なく、野蛮な行為を許さない」と伝わってくる。(そして私の超個人的な定義では、「フランスで教育を受けた者・フランス語を話す者は、皆フランス人」だ。)




フランスで素晴らしいと思う点は、この様にいざとなると結束し、連帯感があることだ。とある知人が、「フランスではホームレスに施しを与える人が多くいて、びっくりした」と言っていた。彼女はポーランド人だけれども、イギリスに暮らしている。(何もイギリス批判をしたいわけじゃない)フランスでは、おそらくカトリックの精神から来る、助け合い・連帯の精神がある。どんなに普段、他人に対して無関心に見えるフランス人でも、心の根っこには皆あたたかいものを持ち、いざとなれば一致団結し、助け合うことが出来る。それを当然のことと、隠さずさらりとやってのける様に、私はいつも胸が熱くなる。




今回のマーチは、「フランスはテロに屈しない。フランスの自由を脅かすことを許さない」というメッセージを含み、反対因子を追い出すに相当する程、活気溢れるものだった。少なくとも、私はそう信じたい。いくら時間が掛かろうとも、平和で穏やかなフランスを、いつもの日々を取り戻したい。



当たり前の日常がある暖かさを、日々の有り難味を。第二次、第三次テロが起きないことを。非力だけど、祈って止まない。






フランスで働くの巻 comments(0)
スポンサーサイト
- -
<< シャルリー・エブドに捧ぐ | main | I no longer belong here >>
comment

message :