Previously, mari's paris life


"La France traverse une phase de vulgarite. Paris, centre et rayonnement de betise universelle" - C. Baudelaire :p
ワイルドなおフランス生活
一つの週末に、キッチンでの水漏れ再発!及び、奥で接客中に、働いているお店のレジのお金が盗まれるって、どんだけタフさを試される出来事が起こるの。。。。。



え〜〜、水漏れがまたも起きまして。気付いたのはコーチ。それは土曜日の午後のことであった…。それ以来、貯めていたブリタの中に残っていた水で手を洗ったり、歯磨きをしたりと工夫して、朝シャワーを浴びる時など以外、元の水栓を切ってしまって(そういうのが室内に付いている。バカンスなどで留守にする時の水漏れの被害が半端じゃないからだろうw)、箱を置いて水を貯め、15分に一回はいっぱいになるとコーチが計算して(さすがエンジニアであるw なんなら腕時計もしていた)、だから15分ごとに中の水を捨てて、雑巾で濡れた床を拭き拭き… を繰り返し、なんとか対応しましたが、日曜日の朝、彼は近所の開いているお店を求め、走り回った!結局、バスチーユの市場で破裂した水道管二つをつなぐのに必要なジョイントを見つけて、帰宅。コーチのパパも来てくれ、親子で直すこと、数十分。おかげで、水道屋さん呼ばずに、解決!助かったー! 週末に呼ぶとさらに高いからね。。。



しかしこのジョイント、どうやら水に濡れると膨らむ、しっかりとした紙製らしく(何て言うの?正確な名前分からない)、『え、紙って、、、、てことはいつかまた切れるんじゃ?! なんでゴムにしないのか。。』という私レベルの頭で思い浮かぶ疑問は当然のものらしく、コーチいわく、「うん、また2年後に切れるよ(水漏れ起こるよ)」とのこと…… なんでゴムにしないんじゃー 意味不明である。



コーチはこれを機に、この程度の水道管修理だったら自分で直せるように、習っておかなくちゃと勉強出来て、有意義だった模様。パパは偶然、コーチの甥っ子二人(お姉ちゃんの子ども)の世話をしに、ママと市内まで来ていたところだったので、来てくれて、本当〜〜に助かりました…。そして何よりセーフだったのは、下の階まで水が漏れず、誰にも迷惑かけずに済んだこと!←日本人的な心。←日本人だもん!このアパートに住んで1年ちょっとが経ったけど、今までに起こった水漏れの回数、今回でざっと、実に4回目… そのうち、下の階まで水が漏れ、大騒ぎになったこと、2回……
 

幸い、すぐ下の3階にあるアパートは、工事中で、誰も住んでいなかったため、引き続き工事と保険で直してもらったけど、あまりの水量に、1階のアパートの、しかも住んでる男性のPC(!)に水が垂れてきたと聞いた時には….. もう、ぞっとしたよね。それは、本来平和であるはずの、日曜日の夜の出来事…… (誰もこんな恐ろしい日曜日の夜なんて過ごしたくないよね...)



そして極め付けに、何が悲しいって、この同じ建物の1階に住む、私たちのせいで毎回水漏れの被害に遭うカップルは、なんと私たちと同じ、日仏カップルなのだ

それなのに、水漏れのせいで、永遠に「ちらし寿司パーティー♩」などでお近づきになれないという、悲しさ。。。ううう… 何が原因かって、「設備が古いこと」なのだけど、やはり加害者は私たち(のアパート)なのであって、永遠に仲良くなれないであろう。。。






そして現金泥棒である。それが起こったのは、水漏れの翌日の、日曜日。まぁ盗られたのは100ユーロ前後だけど、翌日月曜に、防犯カメラで確認した、男二人なんかの顔を見た覚えがない!その時間帯のことはよく覚えているのに、相手をしていた女性のお客さん二人に、別のサイズのものも頼まれて、数秒間だけだけど、下のストックルームに行ったりしていたから、余計手薄なのがバレたと見られる。もしくは、おそらく普段からマークされていたか。まぁ、プロの手口ですよね。なめられたのが、悔しい。



はー、まったくこれが、ガイドブックになんか載っていない、おフランスの現実である。としか言いようがない。ワイルド!妹なんて、確か学生の頃、13区のロクシタンのお店でバイトしていて、とある黒人の男がやって来たかと思ったら、そいつに、


「僕、本当はレジのお金強盗しようと思ってやって来たんだけど、来てみたら君があまりにも優しそうでいい感じの子だから、やめるよ」


と言われて、去って行かれたらしい!!!w 笑っていいのか、どうリアクションしたらいいのやら。。。。。





常に危険と隣り合わせとまでは言わないし、アメリカの映画やドラマなんかで見る銃社会の方が数倍恐いと思うのだけど、フランスでもやっぱりこういうことはよーくある。残念ながら。自分の身は自分で守るしかない。現金泥棒に、万が一立ち会っていたら、どうなっていただろう。恐いから、考えたくないけどっ。






フランスで働くの巻 comments(0)
スポンサーサイト
- -
<< 色を取り戻した日常 | main | Even Hello Kitty can make me cry >>
comment

message :